3Dプリント

ElecrowのCAMプロセッサファイルを使ってPCBgogoのガーバデータを出力。

言われたとおりにドリルデータを RSー274x形式で送ったら
EXCELLON形式で送ってくれと言われました。
という事でElecrowのCAMファイルをそのまま使えます、というか変更したらダメです。

中国の新興PCB製造メーカー「PCBgogo」で基板を作りたいと思い
「メールファイルとCAMプロセッサはElecrowのを流用して良いか?」
質問したところ以下の返事をいただきました。

========================================================================
大丈夫です。elecrowはどのような基板を仕上げられるかは承知しています。
elecrowさんで起こせる基板はこちらで問題なく仕上げられます。
ガーバーデータはRSー274xの形式でご支給ください。
========================================================================

これによるとルールファイルはElecrowのを使ってチェックすれば大丈夫で
ガーバーデータのフォーマットをRSー274xの形式にすれば問題ないみたいです。

ということでガーバー出力ファイルのフォーマット変更の方法を簡単に説明します。
既にカーバーデータを出力したことのある人はお分かりだと思いますが。

まずは[CAM processor]アイコンをクリックして CAM processor を起動します。

[File]→[Open]→[Job…] から Elecrowの販売ページからダウンロードした
[Elecrow_Gerber_Generater_DrillAlign.CAM] を選択します。

画面が以下のように変わります。
ここで DrillsHoles ページの Dewvice が EXCELLON になっているのを
GERBER_RS274X に変更します。

他のページは最初から GERBER_RS274X になっていると思いますが念のために確認して
違っていたら GERBER_RS274X に変更してください。

ProcessJob ボタンを押すと ガーバーデータが作成されます。

I2C UART 変換IC SC16IS750

I2C UART 変換IC SC16IS750を使ってみた。

Arduino(ATMEGA328P-PU)を使っているとシリアルポートが足りない事ありますよね。
センサー類はI2C対応が多いけど
GPSモジュールとかはシリアルでしか信号出ていないし。

今回そんな悩みを解消してくれる【I2C UART 変換IC SC16IS750】を使ってみました。

テストしたモジュールは
Switch science の https://www.switch-science.com/catalog/2310/ です。
このボードは I2C固定でデフォルトのアドレスは (0xBA)となっています。

Arduino用のライブラリは
ボード供給元の Sparkfun では提供されていないので
https://github.com/SandboxElectronics/UART_Bridge を使いました。
githubからzipファイルをダウンロードして
Arduino IDE のライブラリに追加します。
(追加の手順は割愛します。)

ライブラリを追加したら
ファイル → スケッチの例 → UART_Bridge-master → I2CSELFTEST を開きます。

6行目の
SC16IS750 i2cuart = SC16IS750(SC16IS750_PROTOCOL_I2C,SC16IS750_ADDRESS_AD);

SC16IS750 i2cuart = SC16IS750(SC16IS750_PROTOCOL_I2C,SC16IS750_ADDRESS_BA);
に変更します。(変換ボードのアドレスを変更した場合は変更したアドレスに合わせます。)

このサンプルスケッチはループバックテストなので
TXとRXを接続してください。

シリアルモニタで確認すると

device found
start serial communication
とだけ表示されます。なんか動いていないように見えますが
このサンプルプログラムを見ると
送信したデータと違うデータを受信したときのみ
“serial communication error” と表示して
正常の場合は何も表示しないようになっています。

正常時

使ったサンプルプログラム

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
#include <Wire.h>
#include <SC16IS750.h>
#include <string.h>
#include <SPI.h>
 
SC16IS750 i2cuart = SC16IS750(SC16IS750_PROTOCOL_I2C,SC16IS750_ADDRESS_BA);
 
//Connect TX and RX with a wire and run this sketch
 
void setup() 
{
    Serial.begin(9600);
 
    // UART to Serial Bridge Initialization
    i2cuart.begin(9600);               //baudrate setting
    if (i2cuart.ping()!=1) {
        Serial.println("device not found");
        while(1);
    } else {
        Serial.println("device found");
    }
    Serial.println("start serial communication");
 
 
 
};
 
void loop() 
{
 
    i2cuart.write(0x55);
    while(i2cuart.available()==0);
    if (i2cuart.read()!=0x55) {
        Serial.println("serial communication error");
        while(1);
    }   
    delay(200);
 
    i2cuart.write(0xAA);
    while(i2cuart.available()==0);
    if (i2cuart.read()!=0xAA) {
        Serial.println("serial communication error");
        while(1);
    }   
 
    delay(200);
};

次回はシリアル出力の GPSモジュール を接続してみます。

Sparkfunとかで公開されているEagleデータから部品データをライブラリに取り込む方法

Sparkfunとかで公開されているEagleデータから部品データをライブラリに取り込む方法

Eagleや他の基板設計CADを使うときも同様だと思いますが、
パーツライブラリとして公開されていない部品を使いたいとき、自分でライブラリデータを作るのは手間がかかります。

Sparkfunで販売されているセンサーモジュール基板はEagleデータが公開されているので
その図面データからパーツのデータをライブラリにエクスポートすれば自分でデータを作る手間が省けます。

今回 ロードセル用のIC HX711 データをライブラリにエクスポートしてみました。

この基板に使われているICです。
https://www.switch-science.com/catalog/2848/

スイッチサイエンスさんのページではEagleデータは公開されていませんが
製造元のページ(Sparkfun)のページではEagleデータが公開されています。
https://www.sparkfun.com/products/13879
このページから Eagle Files をクリックして Eagle用の回路図と基板のデータをダウンロードします。
ZIPで圧縮されているので解凍してください。

解凍すると
SparkFun_HX711_Load_Cell_v11フォルダーの中に
SparkFun_HX711_Load_Cell_v11.brd
SparkFun_HX711_Load_Cell_v11.sch
の2つのファイルが展開されます。

SparkFun_HX711_Load_Cell_v11.sch(回路図)を Eagle で開いてください。
File -> Expoer -> Libraries ライブラリデータをエクスポートします。

エクスポートしたファイルをEagle のライブラリフォルダーにコピーします。
自分の場合は以下のフォルダーにコピーしました。

コピーしたライブラリデータをEagleから使用できるように設定します。
Eagleのメイン画面の
Librariesから今回エクスポートしたライブラリを表示すると
右側の●が灰色になっているので、

フォルダー名を右クリックして Use all を選択してください。
(自分の場合は SparkFun_HX711_Load_Cell_v11 フォルダーです。)
右側の●が緑色に変わったはずです。
これで Schematic の add コマンドで今回エクスポートした部品が指定できるようになります。

add のパーツ選択画面で HX711 で検索しても検索されません。

今回 use で追加したライブラリを調べると
Testing の 中に HX711HX711 という部品がありました。
これが今回の目的の部品となります。

結構手間がかかるイメージですが慣れてしまえば、パーツデータを作成するよりは楽だと思います。

Autodesk EAGLE 8.0 とりあえず使ってみた。

EagleにAutodeskの冠をかぶった Ver8 が公開されました。
http://www.autodesk.com/products/eagle/overview

とりあえずインストールしてみました。
前バージョンは Free版ではなく Standard版を使っていましたが日木津儀は後日、できるか出来ないかも含めて。

Autodesk社のダウンロードページから Free版 をダウンロードしてインストールするも
起動時に Autodeskアカウントにログインしないと先に進めないので
既に作っていたアカウントでログインしても次のようなアラートが表示されて起動しない。

仕方ないので新しいアカウントを作成してログインすると無事に起動しました。
どうしてなのかはわからないのでこの件に関しての調査は後日。

Scamatic と Board でメニューの差を比較。
両方ともに Ver8ではいくつかのコマンドが追加されています。
この内容に関しても後日。

最後にオートルートを比較してみましたが全く差がないので
オートルートに関しては更新されていないと思われます。

とりあえずここまで確認しました。
詳細に関しては後日報告します。

IoTプロジェクトビルダー「Cayenne」を試してみた (まだ途中)

rduinoやRaspberry Piを使ってセンサーの値を取得したりアクチュエータへの出力をネット経由で行えるサービス「Cayenne」を試してみました。
色々とやれることは沢山あるみたいですが、
先ずはArduino UNOにI2C経由で繋いだ照度センサー(TSL2561)の値を表示するサンプルを動かしました。

■準備するもの

「Cayenne」のアカウント
http://www.cayenne-mydevices.com/
こちらの「Cayenne」のサイトから登録します。

Arduino UNO
Arduino用 インサーネットシールド(W5100)
照度センサー(TSL2561)
ブレッドボード、ブレッドボード用ジャンパー線
USBケーブル(Arduino UNO用)

■Arduino IDE へ「Cayenne」のライブラリを追加。

Arduino IDEのメニューから
[スケッチ]→[ライブラリをインクルード]→[ライブラリを管理] を選択します。

ライブラリマネージャーが開いたら
検索をフィルター となっている箇所に
「Cayenne」と入力します。

Cayenne by myDevices と
Cayenne MQTT の2つのライブラリが表示されますのでこの2つをインストールしてください。
ライブラリの表示枠内(黄色)で左クリックすると[インストール]ボタンが表示されます。

■Cayenneの使い方
1. Cayenneのサイトにログインします。
  https://cayenne.mydevices.com/cayenne/login

2. プロジェクトの作成
  [Create new prj]ボタンを押してください。

  プロジェクト名を入力して[☑]をクリックしてください。(自分はTestという名前のプロジェクトを作りました。)

3. Device/Widget の選択
  {Add New]メニューから[Device/Wedget]を選択してください。

  Arduinoを選択してください。

  Arduinoのセットアップ説明画面が表示されるので[Next]をクリックして次へ進んでください。

  Arduino と インサーネットシールド を選択します。
  (自分はArduino UNO とW5100 の組み合わせを選択しました。

  Arduino用のプログラムがポップアップウインドウに表示されるのでこのコードをコピーしてArduino IDE にペーストして Arduni にプログラムを書き込んでください。

  Arduinoにプログラムを書き込んだ後にインサーネット上に検出されると[Remove]ボタンが消えてソースコードの下に[Done]ボタンが表示されるのでクリックしてください。

  以下の画面に切り替わったら[Add new] [Device/Widget] を選択してください。

============== 続きは後日 =================

MS-DOS エミュレータ DOSbox を使ってみることに

最近懐古趣味熱が出てきたようなので
備忘録代わりに。

MS-DOS Emulator の 「DosBox」をインストールしてみました。

ダウンロードは
http://www.dosbox.com/download.php?main=1
Windows用の最新バージョンは 0.74(2016年11月30日 現在) です。

インストールはダウンロードしたインストーラを実行するだけです。

Tutorialは
http://www.dosbox.com/wiki/Basic_Setup_and_Installation_of_DosBox

何かを動かす目的があるわけではありませんが
とりあえずインストールしました。

起動した画面がこれです。
2016-11-30

ドメイン売って「電子工作工房」の設立資金にするかな

自分のインターネット歴は結構長くて多分20年は超えている。
1997年11月に取得した.comドメインをと瀬メイン査定サービスで調べたら
オーバー $10000

売っても良いかなと言う気になっていたりして。
当然そのお金はずっとやりたかった

「電子工作に特化したファブ」

やるやる詐欺になる前に実現したい。

ちなみにドメイン査定のキャプチャー 2サイトで調べました。

domainindex

estibot

プリント基板CAD用ライブラリ配布サイト

たまにはプリント基板CAD Eagle ネタを

勤めを辞めてからEagleを扱う機会が増えていますが
辛いのが使いたい部品のシンボルが無い時。

無精者の自分はシンボルを自分で作るのも面倒なので
ネットに公開されていないか探しまくります。

そこでちょっと便利なサイトの紹介です。
(もしかしたらかなり以前に少しだけふれていたかも)

SnapEDA というサイトです。
利用登録は必要ですが無料で使えるサイトです。

snapeda_1
[トップ画面]

検索したい部品名を入力して「虫眼鏡アイコン」をクリック(またはリターンを押す)
snapeda_2
[検索]

検索した部品が登録されていると以下のような画面になりますので、赤枠の部分をクリックします。
なお、一番右に表示されているアイコンは
左から {データシート} {回路図用シンボル] [基板用パターン] の有無を示しています。
snapeda_3
[検索結果]

検索結果をクリックすると以下のような画面になります。
今回検索した部品はシンボル図、パターン図ともに有りとなっていたので両方表示されています。
ここでCAD用データをダウンロードできます。
シンボル図とパターン図の両方が必要な場合は [Download Symbol and Footprint] ボタンを
パターン図だけが必要な場合は [Download Footprint] ボタンを押してください。
snapeda_4
[シンボル・パターン確認]

ログインしていないと以下のログインページが表示されますので
登録している場合はログインを登録していない場合は登録作業を行ってください。
snapeda_5[ログイン画面]

対象となるCADのリストが表示されますので、自分の使っているCADを選択すると変換・タウンロードが始まります。
snapeda_6[対象CADの選択]

以上でダウンロード終了となりますので、お使いのCADにダウンロードしたライブラリを登録すれば使えるようになります。
snapeda_7[ダウンロード終了]

マルツパーツの「マイコンレーサー2 」のプログラムをc言語で開発する方法

マルツパーツの「マイコンレーサー2 」のプログラムは
通常は専用の「ブロックコマンダー」を使って作成しますが、
姉妹品の「マイコンレーサーAdvance 」には
「より高度なプログラミングに挑戦したい方にはこちらがおすすめ。」
と言う事でHEWでビルドできるプロジェクトソースファイルが付属しています。

1500円をケチって「マイコンレーサー2」を買ってしまったけど
やっぱりc言語を使いたい。
と言う事で「マイコンレーサー2 」でHEWでの開発を試してみました。

まず
1. 「マイコンレーサー2 」で作った「ブロックコマンダー」のプログラムは「マイコンレーサーAdvance 」でも動く。
2. 使っている「ブロックコマンダー」は同じ物。
3. 回路的にも「マイコンレーサーAdvance 」で追加された操舵機能部分以外はほとんど同じ。
以上から多分「マイコンレーサー2 」でもHEWが使えると判断。

統合環境「HEW」に関して
HEWをインストールしていない場合は
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/compiler-assembler/compiler-package-for-r8c-and-m16c-families.html
ここからR8C,M16Cファミリ用C/C++コンパイラパッケージをダウンロードしてインストールしてください。
HEWをインストールしていてR8C,M16Cファミリ用C/C++コンパイラがインストールされていない場合も同じくここでダウンロードしてください。
インストールすると既存のHEW環境にコンパイラがインストールされます。

プログラムの書込みに関しては「マイコンレーサーAdvance 」の説明書にも書かれていなかったので
以下自分が調査した結果です。
Renesasは合併前の会社が提供していたままのツールが多くて
どれを使ったら良いのか、どれが使えるのか煩雑です。

フラッシュプログラマーに関して

 Renesas Flash Programmer V2.05 チップの選択一覧に無い。
 Renesas Flash Programmer V3.01 チップの選択一覧に無い。
 Renesas Flash Programmerは使えない

M16C Flash Starter
 com port の選択が 1~9までしか選択できない為使用不可
 (自分の環境ではcom18で認識されているため)

Flash Development Toolkit R(C R5F21344CNFPに設定 書込みOK
 「Error No 15024: ブートの合わせ込みに失敗しました」が発生した場合は
 接続ケーブルを差し直して、デバイスと再接続すればOKです。
 Flash Development Toolkitの使い方に関しては別途解説します。

Flash Development Toolkitは以下のページから「無性評価版をダウンロードしてください。」
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/programmer/flash-development-toolkit-programming-gui.html#

r8c_writer
 書込み可
 HEWに外部コマンドとして登録できるので便利
 
https://www2.himdx.net/mcr/product/download.html
 ルネサス統合開発環境用その他ソフト Ver.1.50 mcr_sonota_soft.zip
 をダウンロードして解凍してください。
 HEWへの登録手順は「r8c_writerの登録方法.txt」に記載されています。

今回は概要しか解説していませんが、
実際のc言語による開発手順をまとめる予定です(多分)

サクラVPSサーバーに Blynk ローカルサーバーをたててみました。

以前にもこのこのブログで何度か取り上げたことのある Blynk ですが
Serverのプログラムも配布されているので試しにサクラVPSサーバーにインストールしてみました。

プログラムのダウンロード先やインストール方法はココに書かれていますので参照してください。
http://docs.blynk.cc/#blynk-server

Adminページへのアクセスでちょっとハマってしまいました。
アクセスできるIPアドレスを設定するようになっているのですが
その設定ファイルがどこにあるのかが分かりませんでしたが

Advanced local server setup の下に書いてある
「server.properties」
で設定するようになっていました。

server.propertiesは説明ページからサンプルファイルへのリンクが有りますので
コピペして server.jar を置いたフォルダーと同じ階層に置いてください。
とりあえず
allowed.administrator.ips=0.0.0.0/0
にするとIPによるアクセス制限は外れます。

まだ Adminページへのアクセスしか確認していませんが
近日中に スマホの Blynk アプリから接続してみます。

screencapture-160-16-73-148-7443-admin-1473482596704

3Dプリンターと電子工作の「博多電子工作室」 IoTの実験もやっています。