DesignSpark PCB で面付け

DesignSpark PCB で設計した基板のガーバーデータを

面付け処理できるガーバーエディタを探したけど

なかなか見つからない。

有料のだったり、コマンドラインで操作するのとかばかりで。

んで、ガーバー出力する前に DesignSpark PCB で面付けしてしまえば

ってことで試してみました。

Net I/Oコントローラーを8枚面付けしてみました。

例によって確認作業はまだですが、何となくいけそうです。

こんな感じです。

net_io

 

ネット I/O コントローラー製作記 6 Fusion PCB serviceへの基板発注

設計が終わった基板を Fusion PCB service に発注してみました。

料金は

Products
1 xFusion PCB Service – 2 layers (PCB08511P)
PCB Qty. 10
Layer 2
PCB Thickness 1.0mm
PCB Dimension 5cm Max*5cm Max
PCB Color Green
Surface Finish Hasl
E-Test 100% E-test(Free)
File D96953_27466_net_io.zip
$9.90

と送料が
Registered Air Parcel (Weight: 0.324kg. Delivery Time: 0-30 days): $8.06

合わせて $17.96 でした。

支払いは Paypal で日本円で 1822円でした。

サイズは小さいけどスルーホール基板が10枚で送料込みで2000円弱、

昔では考えられない価格ですね。

これだと手軽に試作が出来そうです。

今回は DesignSpark PCB を使って設計しました。

DesignSpark PCB から Fusion PCB service へ発注するためのガーバーファイルの作成方法は

DesignSpark PCBからのガーバー出力とFusion PCB発注手順 こちらに詳しく説明されています。

ネット I/O コントローラー製作記 3 回路設計

ネット I/O コントローラー製作記 1

の設計をやり直しました。

基板サイズを50mm × 50mmに収めたかったので

フォトカプラを回路から外しました。

基板サイズを 50mm × 50mmに収める理由は

Fusion PCB service

に基板製作を依頼したいためです。

また今回EAGLEで書いた回路図、パターン設計図を DesignSpark PCBでインポートして設計を進めました。

DesignSpark PCB 日本語チュートリアル

DesignSpark PCBの使い方一覧

変更した回路図

名称未設定-2