3Dプリント

IchigoJamをBluetoothユニット HC-06 を使って スマートフォンから接続

IchigoJamとスマホをBluetoothで接続してみました。
Bluetoothボードは1500円位で売られている HC-06 と言うモジュールです。

Bluetoothモジュール HC-06
Bluetoothモジュール HC-06

IchigoJamのファームウェアの更新も出来ました。
ただし、 HC-06 はデフォルトが 9600bpsとなっていますので
IchigoJamのファームウェアの更新はIchigoJam側が自動でボーレートを合わせてくれているので
すんなりと成功したのですが、ターミナルとしての接続は上手くいきませんでした。
当然ですよね、IchigoJamは115200bps、HC-06は9600bpsですから。

HC-06のボーレートを 115200bps に変更したら上手くいきました。
HC-06のボーレートの変更に関してはこちらのページを参考にしてください。

HC-06は技適マークが付いていないのでもし実験される場合は
外部に電波が漏れない状態で行ってください。
IchigoJamとHC-06の接続は
IchigoJamのTXD と HC-06の RXD
IchigoJamのRXD と HC-06の TXD
IchigoJamのGND と HC-06の GND
IchigoJamのVCC と HC-06の VCC
としています。

まずはパソコンから接続テスト
以下の画像はTeraTermでのIchigoJamの起動じのメッセージと、
ディバイスドライバー一覧のキャプチャーです。
TeraTermで使っている COM8 が Bluetooth経由であるのが確認できます。
(起動後にもう一度電源を入れなおしているのメッセージが重なっています。)

IchigoJamターミナル
IchigoJamターミナル
ディバイスドライバー
ディバイスドライバー

スマートフォンでも無事に接続できました。
起動後に LED 1 命令でLEDを点灯させました。

スマートフォン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です