3Dプリント

電子回路シミュレーター 123D Circuits 使ってみたけど

AutoDeskが提供している電子回路シミュレーター 123D Circuits

123D circuits 紹介記事みたいに結構良さげにし解説しているサイトが多いので
期待して使ってみた。

登録してブラウザからアクセスして、最初に感じたのが
「公開されている回路が少ない、たったこれだけ?」

自分でArduino IDEのLチカのサンプルプログラム用に部品を配置して
「Start Simuration」で実行。

遅い、ハンパ無く遅い。
1秒毎の点滅のはずが5秒くらいかかっている、おまけにその時間が安定していない。
自分のパソコンのせいでは遅いわけでは無いと思う。
CORE i5だから。

公開されている回路が少ない理由が分かったような気がする。

「遅すぎて使い物にならない」

回路図も書けるのだが、これもまた今一。

パーツのレイアウトは変更できるが、ラインは勝手に引かれて変更できない。
よって、下にUPしているような情け無い回路図になってしまう(泣)

AutoDesk社提供と言うことで期待が大きかった分、残念です。

実験回路
123D Circuits_1

回路図
123D Circuits_2 回路図

プログラムコード
123D Circuits_3


「電子回路シミュレーター 123D Circuits 使ってみたけど」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です