3Dプリント

Arduino の実験中に LCDを壊してしまいました(泣)

ArduinoでLCDをコントローするテストをしていたら、バックライトLEDの制限抵抗が小さすぎてLCDを壊してしまいました。

といっても、AutoDisk社が提供している電子回路シミュレータ 123D circuits 上での話ですが。

定格以上の電流を流すとパーツが壊れるのまで再現しているんですね。
おまけに「壊れたマーク」にマウスカーソルを合わせると原因まで表示してくれます。
楽しすぎ。

LCDが動くと色々な応用がききますね。
アナログ入力値を表示したり、パルスの周期を測定して表示したり。

ただ実機ではないのでスピード的に難しい部分もあるでしょうが。

今回の123D circuits のデータは


に置いています。
「Start Simulation」ボタンを押すと LCD が壊れます。

123D Criuits はユーザー登録すれば作った回路を保存出来ます。
無料ですので是非登録して、色々と遊んでみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です