3Dプリント

123D circuits のデバッグモード

なんと、123D circuitsでArduinoのプログラムのデバッグが出来るという事実に今日気付きました。
今まで123D circuitsでArduino UNOの回路をブレッドボードで組んで
プログラムをシミュレーションモードで走らせる所まではやっていたのですが、
なんとプログラムにブレークをかけて、変数の値を見れるという素晴らしい機能に気付きました。

方法はいたって簡単で
ソースコードを表示させた状態で「Debugger」ボタンを押します。
Debuggerモードに入ると「Debugger」ボタンが青くなります。

この状態でブレークをかけたいソースコードの行番号をマウスでクリックします。
するとその行番号が青くなります。

「Start Simulation」ボタンを押してプログラムを実行してください。
先ほどブレークポイントに設定した行までプログラムが実行されると、
プログラムが停止して行全体が水色に変わります。

プログラムが停止している状態で、値を見たい変数にマウスを合わせると
その変数の現在値が表示されます。

プログラムを再開するには 「|▶」こんなマークの部分をクリックしてください。

ちなみに以下の画面キャプチャーは
ボリームを回して、その時のアナログ入力値から計算した「delay_time」の値を確認しています。
ブログム起動時は「0」
次がボリームMaxで値が「1000」
次にだいたい中間地点で「500」付近。

これはかなり使える機能だと思います。

実際のデバッガもこんな感じで使いますので。

debug_11

debug_21

debug_31

debug_41

debug_51

debug_61

debug_71


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です