3Dプリント

ESP8266のプログラム書込み時の煩わしさを軽減したい。

ESP8266のプログラムって手順が面倒ですよね。
それで自分が辿った手間軽減の記録です。

1. 通常の書込み方法。
 GPIO0をLOWにする。
 RSTをLOWににする(一瞬)。
 プログラムを書き込む。
 GPIO0をHIGHにする。
 RSTをLOWににする(一瞬)。
 書き込んだプログラムが実行される。

2. GPIO0にDTR、RSTにRTSを接続した場合。
 Arduino IDEで書込みを行うと自動でプログラミングモードとなり
 書込みが終わると自動で書き込んだプログラムが走り出す。
 ただ、ここでシリアルモニターを起動すると再び書込みモードとなってしまいプログラムが走らない。
 シリアルモニターを使わない場合は問題なし。

3. WemosD1 miniのGPIO0とRSTへの接続回路を使った場合。
 Arduino IDEで書込みを行うと自動でプログラミングモードとなり
 書込みが終わると自動で書き込んだプログラムが走り出す。
 シリアルモニターを起動しても問題なし。
 ただし、Arduino IDEで「WeMos D1 R2 & mini」を選択する必要があり
 コンパイル時にエラーが出ます。
 ただエラーは出るが、正常に書込みは行われておりプログラム問題なく実行される。
ESP8266_DTR_RTS

2016年4月24日 補足
ボードで「Generic ESP8266 Module}を選択して
Reset Method で「nodemcu」を選択すれば書込みが出来るのを確認しました。
esp8266_arduino_ide


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です