3Dプリント

Cent じゃなくてSENT(Single-Edge Nibble Transmission)だよ

CentOSなら知っていた。
SENTって?
Weblioで調べても send の過去形・過去分詞 としか書いていない。
wikipediaにも波形の写真が載せて程度
https://en.wikipedia.org/wiki/SENT_%28protocol%29

まだ新しい規格(とは言っても2007年04月なので10年近く経とうとしている)なのでWebからもほとんど情報が拾えない。
SENT は SAE J2716 の「SENT – Single-Edge Nibble Transmission for Automotive Applications」であり
シリアル通信の規格の1つ。

仕様書はSAE Internationalのページから購入できる。
最新版「J2716_201604」

要は立下りから立下りまでのバルスの幅で4bitのデータを送る規格。
シンクロナスフレーム、ステータスフレーム、データフレームCRCフレーム、ポーズパルス(オプション)で構成されている。

長年プログラマーをやっているけど恥ずかしながら4bitの単位をニブル(Nibble)と言うのを知らなかった。

対応しているマイコンチップもまだ少なく
ルネサスのRH850ファミリ、MicrochipのdsPIC33/PIC24ファミリ、NXPのMPC574xPファミリ位しかお目に掛かれていない。

とりあえずMicrochipの「dsPIC33EV256GM102」で色々と実験する予定です。
Microchipの「Single-Edge Nibble Transmission)モジュール」のマニュアル


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です