MS-DOS エミュレータ DOSbox を使ってみることに

最近懐古趣味熱が出てきたようなので
備忘録代わりに。

MS-DOS Emulator の 「DosBox」をインストールしてみました。

ダウンロードは
http://www.dosbox.com/download.php?main=1
Windows用の最新バージョンは 0.74(2016年11月30日 現在) です。

インストールはダウンロードしたインストーラを実行するだけです。

Tutorialは
http://www.dosbox.com/wiki/Basic_Setup_and_Installation_of_DosBox

何かを動かす目的があるわけではありませんが
とりあえずインストールしました。

起動した画面がこれです。
2016-11-30

ドメイン売って「電子工作工房」の設立資金にするかな

自分のインターネット歴は結構長くて多分20年は超えている。
1997年11月に取得した.comドメインをと瀬メイン査定サービスで調べたら
オーバー $10000

売っても良いかなと言う気になっていたりして。
当然そのお金はずっとやりたかった

「電子工作に特化したファブ」

やるやる詐欺になる前に実現したい。

ちなみにドメイン査定のキャプチャー 2サイトで調べました。

domainindex

estibot

プリント基板CAD用ライブラリ配布サイト

たまにはプリント基板CAD Eagle ネタを

勤めを辞めてからEagleを扱う機会が増えていますが
辛いのが使いたい部品のシンボルが無い時。

無精者の自分はシンボルを自分で作るのも面倒なので
ネットに公開されていないか探しまくります。

そこでちょっと便利なサイトの紹介です。
(もしかしたらかなり以前に少しだけふれていたかも)

SnapEDA というサイトです。
利用登録は必要ですが無料で使えるサイトです。

snapeda_1
[トップ画面]

検索したい部品名を入力して「虫眼鏡アイコン」をクリック(またはリターンを押す)
snapeda_2
[検索]

検索した部品が登録されていると以下のような画面になりますので、赤枠の部分をクリックします。
なお、一番右に表示されているアイコンは
左から {データシート} {回路図用シンボル] [基板用パターン] の有無を示しています。
snapeda_3
[検索結果]

検索結果をクリックすると以下のような画面になります。
今回検索した部品はシンボル図、パターン図ともに有りとなっていたので両方表示されています。
ここでCAD用データをダウンロードできます。
シンボル図とパターン図の両方が必要な場合は [Download Symbol and Footprint] ボタンを
パターン図だけが必要な場合は [Download Footprint] ボタンを押してください。
snapeda_4
[シンボル・パターン確認]

ログインしていないと以下のログインページが表示されますので
登録している場合はログインを登録していない場合は登録作業を行ってください。
snapeda_5[ログイン画面]

対象となるCADのリストが表示されますので、自分の使っているCADを選択すると変換・タウンロードが始まります。
snapeda_6[対象CADの選択]

以上でダウンロード終了となりますので、お使いのCADにダウンロードしたライブラリを登録すれば使えるようになります。
snapeda_7[ダウンロード終了]

マルツパーツの「マイコンレーサー2 」のプログラムをc言語で開発する方法

マルツパーツの「マイコンレーサー2 」のプログラムは
通常は専用の「ブロックコマンダー」を使って作成しますが、
姉妹品の「マイコンレーサーAdvance 」には
「より高度なプログラミングに挑戦したい方にはこちらがおすすめ。」
と言う事でHEWでビルドできるプロジェクトソースファイルが付属しています。

1500円をケチって「マイコンレーサー2」を買ってしまったけど
やっぱりc言語を使いたい。
と言う事で「マイコンレーサー2 」でHEWでの開発を試してみました。

まず
1. 「マイコンレーサー2 」で作った「ブロックコマンダー」のプログラムは「マイコンレーサーAdvance 」でも動く。
2. 使っている「ブロックコマンダー」は同じ物。
3. 回路的にも「マイコンレーサーAdvance 」で追加された操舵機能部分以外はほとんど同じ。
以上から多分「マイコンレーサー2 」でもHEWが使えると判断。

統合環境「HEW」に関して
HEWをインストールしていない場合は
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/compiler-assembler/compiler-package-for-r8c-and-m16c-families.html
ここからR8C,M16Cファミリ用C/C++コンパイラパッケージをダウンロードしてインストールしてください。
HEWをインストールしていてR8C,M16Cファミリ用C/C++コンパイラがインストールされていない場合も同じくここでダウンロードしてください。
インストールすると既存のHEW環境にコンパイラがインストールされます。

プログラムの書込みに関しては「マイコンレーサーAdvance 」の説明書にも書かれていなかったので
以下自分が調査した結果です。
Renesasは合併前の会社が提供していたままのツールが多くて
どれを使ったら良いのか、どれが使えるのか煩雑です。

フラッシュプログラマーに関して

 Renesas Flash Programmer V2.05 チップの選択一覧に無い。
 Renesas Flash Programmer V3.01 チップの選択一覧に無い。
 Renesas Flash Programmerは使えない

M16C Flash Starter
 com port の選択が 1~9までしか選択できない為使用不可
 (自分の環境ではcom18で認識されているため)

Flash Development Toolkit R(C R5F21344CNFPに設定 書込みOK
 「Error No 15024: ブートの合わせ込みに失敗しました」が発生した場合は
 接続ケーブルを差し直して、デバイスと再接続すればOKです。
 Flash Development Toolkitの使い方に関しては別途解説します。

Flash Development Toolkitは以下のページから「無性評価版をダウンロードしてください。」
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/programmer/flash-development-toolkit-programming-gui.html#

r8c_writer
 書込み可
 HEWに外部コマンドとして登録できるので便利
 
https://www2.himdx.net/mcr/product/download.html
 ルネサス統合開発環境用その他ソフト Ver.1.50 mcr_sonota_soft.zip
 をダウンロードして解凍してください。
 HEWへの登録手順は「r8c_writerの登録方法.txt」に記載されています。

今回は概要しか解説していませんが、
実際のc言語による開発手順をまとめる予定です(多分)