Sparkfunとかで公開されているEagleデータから部品データをライブラリに取り込む方法

Sparkfunとかで公開されているEagleデータから部品データをライブラリに取り込む方法

Eagleや他の基板設計CADを使うときも同様だと思いますが、
パーツライブラリとして公開されていない部品を使いたいとき、自分でライブラリデータを作るのは手間がかかります。

Sparkfunで販売されているセンサーモジュール基板はEagleデータが公開されているので
その図面データからパーツのデータをライブラリにエクスポートすれば自分でデータを作る手間が省けます。

今回 ロードセル用のIC HX711 データをライブラリにエクスポートしてみました。

この基板に使われているICです。
https://www.switch-science.com/catalog/2848/

スイッチサイエンスさんのページではEagleデータは公開されていませんが
製造元のページ(Sparkfun)のページではEagleデータが公開されています。
https://www.sparkfun.com/products/13879
このページから Eagle Files をクリックして Eagle用の回路図と基板のデータをダウンロードします。
ZIPで圧縮されているので解凍してください。

解凍すると
SparkFun_HX711_Load_Cell_v11フォルダーの中に
SparkFun_HX711_Load_Cell_v11.brd
SparkFun_HX711_Load_Cell_v11.sch
の2つのファイルが展開されます。

SparkFun_HX711_Load_Cell_v11.sch(回路図)を Eagle で開いてください。
File -> Expoer -> Libraries ライブラリデータをエクスポートします。

エクスポートしたファイルをEagle のライブラリフォルダーにコピーします。
自分の場合は以下のフォルダーにコピーしました。

コピーしたライブラリデータをEagleから使用できるように設定します。
Eagleのメイン画面の
Librariesから今回エクスポートしたライブラリを表示すると
右側の●が灰色になっているので、

フォルダー名を右クリックして Use all を選択してください。
(自分の場合は SparkFun_HX711_Load_Cell_v11 フォルダーです。)
右側の●が緑色に変わったはずです。
これで Schematic の add コマンドで今回エクスポートした部品が指定できるようになります。

add のパーツ選択画面で HX711 で検索しても検索されません。

今回 use で追加したライブラリを調べると
Testing の 中に HX711HX711 という部品がありました。
これが今回の目的の部品となります。

結構手間がかかるイメージですが慣れてしまえば、パーツデータを作成するよりは楽だと思います。

Autodesk EAGLE 8.0 とりあえず使ってみた。

EagleにAutodeskの冠をかぶった Ver8 が公開されました。
http://www.autodesk.com/products/eagle/overview

とりあえずインストールしてみました。
前バージョンは Free版ではなく Standard版を使っていましたが日木津儀は後日、できるか出来ないかも含めて。

Autodesk社のダウンロードページから Free版 をダウンロードしてインストールするも
起動時に Autodeskアカウントにログインしないと先に進めないので
既に作っていたアカウントでログインしても次のようなアラートが表示されて起動しない。

仕方ないので新しいアカウントを作成してログインすると無事に起動しました。
どうしてなのかはわからないのでこの件に関しての調査は後日。

Scamatic と Board でメニューの差を比較。
両方ともに Ver8ではいくつかのコマンドが追加されています。
この内容に関しても後日。

最後にオートルートを比較してみましたが全く差がないので
オートルートに関しては更新されていないと思われます。

とりあえずここまで確認しました。
詳細に関しては後日報告します。