3Dプリント

Sparkfunとかで公開されているEagleデータから部品データをライブラリに取り込む方法

Sparkfunとかで公開されているEagleデータから部品データをライブラリに取り込む方法

Eagleや他の基板設計CADを使うときも同様だと思いますが、
パーツライブラリとして公開されていない部品を使いたいとき、自分でライブラリデータを作るのは手間がかかります。

Sparkfunで販売されているセンサーモジュール基板はEagleデータが公開されているので
その図面データからパーツのデータをライブラリにエクスポートすれば自分でデータを作る手間が省けます。

今回 ロードセル用のIC HX711 データをライブラリにエクスポートしてみました。

この基板に使われているICです。
https://www.switch-science.com/catalog/2848/

スイッチサイエンスさんのページではEagleデータは公開されていませんが
製造元のページ(Sparkfun)のページではEagleデータが公開されています。
https://www.sparkfun.com/products/13879
このページから Eagle Files をクリックして Eagle用の回路図と基板のデータをダウンロードします。
ZIPで圧縮されているので解凍してください。

解凍すると
SparkFun_HX711_Load_Cell_v11フォルダーの中に
SparkFun_HX711_Load_Cell_v11.brd
SparkFun_HX711_Load_Cell_v11.sch
の2つのファイルが展開されます。

SparkFun_HX711_Load_Cell_v11.sch(回路図)を Eagle で開いてください。
File -> Expoer -> Libraries ライブラリデータをエクスポートします。

エクスポートしたファイルをEagle のライブラリフォルダーにコピーします。
自分の場合は以下のフォルダーにコピーしました。

コピーしたライブラリデータをEagleから使用できるように設定します。
Eagleのメイン画面の
Librariesから今回エクスポートしたライブラリを表示すると
右側の●が灰色になっているので、

フォルダー名を右クリックして Use all を選択してください。
(自分の場合は SparkFun_HX711_Load_Cell_v11 フォルダーです。)
右側の●が緑色に変わったはずです。
これで Schematic の add コマンドで今回エクスポートした部品が指定できるようになります。

add のパーツ選択画面で HX711 で検索しても検索されません。

今回 use で追加したライブラリを調べると
Testing の 中に HX711HX711 という部品がありました。
これが今回の目的の部品となります。

結構手間がかかるイメージですが慣れてしまえば、パーツデータを作成するよりは楽だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です