PCBgogoでプリント基板を作ってみました。

いつもElecrowを使っていたのですがフェイスブックの電子工作系のコミュニティで
PCBgogoという基板製作会社を知り、試しに基板を作ってみました。

率直な感想だと価格的にはElecrowが安いかなと言うイメージですが
PCBgogoは短納期で質問等に対しての対応が良いという点ではElecrowより優れていそうです。

まず価格ですが グリーンの両面基板10枚が
製作期間 2-3日 で Fedexの発送で 2568円

ちなみに基板色が違うと価格も変わります。
どうもグリーンだけが特価扱いみたいです。

ちなみに同等仕様でElecrowで作ると48時間オプションと送料が一番安い Airmail を使って 39.7ドル
PCBgogoの方が安かったりして。
通常の納期だと23.7ドル、これだとだいたい同じくらいの値段になります。

PCBgogoのページではデザインルールやガーバーデータに関しての説明がありませんが
Elecrowで配布されているデザインルールとCAMプロセッサファイルで生成したガーバーデータがそのまま使えます。
(Eagleを使っている場合)

ちなみにガーバーファイルの拡張子の指定は無いので
Desigmspark PCBで出力したガーバーファイルも、拡張子を変更することなく使えます。

注文フォームは独自のものなので最初は戸惑うかもしれませんが
普通に注文できるレベルだと思います。

ガーバファイルをアップロードした後のフォームで決済ボタンが押せません。
これはPCBgogoの技術スタッフがアップロードされたファイルをすく人して問題が無ければ
最終的な価格が決定されて、決済出来るようになるためです。

ガーバーデータに問題が無いとメールで決済可のメールが届きますのでカートから決済を行ってください。

決済に成功すると19時までであれは即日、それ以降であれば翌日から製造に入るみたいです。

製造が始まるとマイページから現在どの工程まで進んでいるかの詳細を確認できます。
これは非常にありがたいサービスだと思います。

製造は24時間体制で土日も動いているみたいです。

簡単にPCBgogoに関して書きましたが、短納期、サポートの対応の良さは特筆できると思います。
参考までに製造の進捗確認画面をアップしておきます。

なおフェイスブックのグループ「福岡電子工作民」で質問していただくと、PCBgogoの関係者が直接回答してくれます。

マイページから詳細な進捗状況が確認できます。

 

あっ、書き忘れていましたが新規ユーザー登録で10500円分の割引クーポンがもらえます。
このクーポンは1回の注文に付き製造費の10%が割り引かれてその累計が10500円となるまで使えます。
残念ながら一度に10500円使えるわけではありませんのでご注意ください。

ちなみにこの割引クーポンは以下のページから登録するともらえます

http://www.pcbgogo.jp/b

ElecrowのCAMプロセッサファイルを使ってPCBgogoのガーバデータを出力。

言われたとおりにドリルデータを RSー274x形式で送ったら
EXCELLON形式で送ってくれと言われました。
という事でElecrowのCAMファイルをそのまま使えます、というか変更したらダメです。

中国の新興PCB製造メーカー「PCBgogo」で基板を作りたいと思い
「メールファイルとCAMプロセッサはElecrowのを流用して良いか?」
質問したところ以下の返事をいただきました。

========================================================================
大丈夫です。elecrowはどのような基板を仕上げられるかは承知しています。
elecrowさんで起こせる基板はこちらで問題なく仕上げられます。
ガーバーデータはRSー274xの形式でご支給ください。
========================================================================

これによるとルールファイルはElecrowのを使ってチェックすれば大丈夫で
ガーバーデータのフォーマットをRSー274xの形式にすれば問題ないみたいです。

ということでガーバー出力ファイルのフォーマット変更の方法を簡単に説明します。
既にカーバーデータを出力したことのある人はお分かりだと思いますが。

まずは[CAM processor]アイコンをクリックして CAM processor を起動します。

[File]→[Open]→[Job…] から Elecrowの販売ページからダウンロードした
[Elecrow_Gerber_Generater_DrillAlign.CAM] を選択します。

画面が以下のように変わります。
ここで DrillsHoles ページの Dewvice が EXCELLON になっているのを
GERBER_RS274X に変更します。

他のページは最初から GERBER_RS274X になっていると思いますが念のために確認して
違っていたら GERBER_RS274X に変更してください。

ProcessJob ボタンを押すと ガーバーデータが作成されます。