MurataのLoRaWANチップCMWX1ZZABZ搭載ボードをArduino IDEで開発

STマイクロのB-L072Z-LRWAN1のような
MurataのLoRaWANチップCMWX1ZZABZを搭載したボードの開発環境として
Arduino IDEを使ってみました。

参考にしたページ
https://github.com/GrumpyOldPizza/ArduinoCore-stm32l0
このページに書かれている通りに設定していけば動くと思います。

・先ずは Arduino IDEの環境設定への追加
 [ファイル] → [環境設定]

 追加のボードマネージャのURLに
 {https://grumpyoldpizza.github.io/ArduinoCore-stm32l0/package_stm32l0_boards_index.json}
 を追加します、すでに別の追加のボードを設定している場合は改行して追加します。

・次にボードマネージャへの追加
 [ツール] → [ボード] → [ボードマネージャ]
 {Tlera Corp STM32L0 Boards} をインストールします。
 (2018年7月8日時点では Ver0.6が最新版)

これで、MurataのLoRaWANチップ(CMWX1ZZABZ)を使ったボードの開発環境が整いました。
なお対応しているボードは

Tlera Corp
Grasshopper-L082CZ(*)
Cricket-L082CZ
Cicada-L082CZ

STMicroelectronics
B-L072Z-LRWAN1(*)
P-NUCLEO-LRWAN1
NUCLEO-L053R8
NUCLEO-L073RZ
です。(*)は検証に使ったボードです。

Arduino IDEの [ツール] → [ボード] からこれらのボードを選択できるようになっているはずです。

ちなみに今回インストールしたソースファイルとサンプルファイルは
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Arduino15\packages\TleraCorp\hardware\stm32l0\0.0.5\libraries\LoRaWAN
フォルダーに置かれています。

次回はこのサンプルプログラムを基にプログラムを組んでいきます。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください