「EAGLE」カテゴリーアーカイブ

ElecrowのCAMプロセッサファイルを使ってPCBgogoのガーバデータを出力。

言われたとおりにドリルデータを RSー274x形式で送ったら
EXCELLON形式で送ってくれと言われました。
という事でElecrowのCAMファイルをそのまま使えます、というか変更したらダメです。

中国の新興PCB製造メーカー「PCBgogo」で基板を作りたいと思い
「メールファイルとCAMプロセッサはElecrowのを流用して良いか?」
質問したところ以下の返事をいただきました。

========================================================================
大丈夫です。elecrowはどのような基板を仕上げられるかは承知しています。
elecrowさんで起こせる基板はこちらで問題なく仕上げられます。
ガーバーデータはRSー274xの形式でご支給ください。
========================================================================

これによるとルールファイルはElecrowのを使ってチェックすれば大丈夫で
ガーバーデータのフォーマットをRSー274xの形式にすれば問題ないみたいです。

ということでガーバー出力ファイルのフォーマット変更の方法を簡単に説明します。
既にカーバーデータを出力したことのある人はお分かりだと思いますが。

まずは[CAM processor]アイコンをクリックして CAM processor を起動します。

[File]→[Open]→[Job…] から Elecrowの販売ページからダウンロードした
[Elecrow_Gerber_Generater_DrillAlign.CAM] を選択します。

画面が以下のように変わります。
ここで DrillsHoles ページの Dewvice が EXCELLON になっているのを
GERBER_RS274X に変更します。

他のページは最初から GERBER_RS274X になっていると思いますが念のために確認して
違っていたら GERBER_RS274X に変更してください。

ProcessJob ボタンを押すと ガーバーデータが作成されます。

Sparkfunとかで公開されているEagleデータから部品データをライブラリに取り込む方法

Sparkfunとかで公開されているEagleデータから部品データをライブラリに取り込む方法

Eagleや他の基板設計CADを使うときも同様だと思いますが、
パーツライブラリとして公開されていない部品を使いたいとき、自分でライブラリデータを作るのは手間がかかります。

Sparkfunで販売されているセンサーモジュール基板はEagleデータが公開されているので
その図面データからパーツのデータをライブラリにエクスポートすれば自分でデータを作る手間が省けます。

今回 ロードセル用のIC HX711 データをライブラリにエクスポートしてみました。

この基板に使われているICです。
https://www.switch-science.com/catalog/2848/

スイッチサイエンスさんのページではEagleデータは公開されていませんが
製造元のページ(Sparkfun)のページではEagleデータが公開されています。
https://www.sparkfun.com/products/13879
このページから Eagle Files をクリックして Eagle用の回路図と基板のデータをダウンロードします。
ZIPで圧縮されているので解凍してください。

解凍すると
SparkFun_HX711_Load_Cell_v11フォルダーの中に
SparkFun_HX711_Load_Cell_v11.brd
SparkFun_HX711_Load_Cell_v11.sch
の2つのファイルが展開されます。

SparkFun_HX711_Load_Cell_v11.sch(回路図)を Eagle で開いてください。
File -> Expoer -> Libraries ライブラリデータをエクスポートします。

エクスポートしたファイルをEagle のライブラリフォルダーにコピーします。
自分の場合は以下のフォルダーにコピーしました。

コピーしたライブラリデータをEagleから使用できるように設定します。
Eagleのメイン画面の
Librariesから今回エクスポートしたライブラリを表示すると
右側の●が灰色になっているので、

フォルダー名を右クリックして Use all を選択してください。
(自分の場合は SparkFun_HX711_Load_Cell_v11 フォルダーです。)
右側の●が緑色に変わったはずです。
これで Schematic の add コマンドで今回エクスポートした部品が指定できるようになります。

add のパーツ選択画面で HX711 で検索しても検索されません。

今回 use で追加したライブラリを調べると
Testing の 中に HX711HX711 という部品がありました。
これが今回の目的の部品となります。

結構手間がかかるイメージですが慣れてしまえば、パーツデータを作成するよりは楽だと思います。

Autodesk EAGLE 8.0 とりあえず使ってみた。

EagleにAutodeskの冠をかぶった Ver8 が公開されました。
http://www.autodesk.com/products/eagle/overview

とりあえずインストールしてみました。
前バージョンは Free版ではなく Standard版を使っていましたが日木津儀は後日、できるか出来ないかも含めて。

Autodesk社のダウンロードページから Free版 をダウンロードしてインストールするも
起動時に Autodeskアカウントにログインしないと先に進めないので
既に作っていたアカウントでログインしても次のようなアラートが表示されて起動しない。

仕方ないので新しいアカウントを作成してログインすると無事に起動しました。
どうしてなのかはわからないのでこの件に関しての調査は後日。

Scamatic と Board でメニューの差を比較。
両方ともに Ver8ではいくつかのコマンドが追加されています。
この内容に関しても後日。

最後にオートルートを比較してみましたが全く差がないので
オートルートに関しては更新されていないと思われます。

とりあえずここまで確認しました。
詳細に関しては後日報告します。

プリント基板CAD用ライブラリ配布サイト

たまにはプリント基板CAD Eagle ネタを

勤めを辞めてからEagleを扱う機会が増えていますが
辛いのが使いたい部品のシンボルが無い時。

無精者の自分はシンボルを自分で作るのも面倒なので
ネットに公開されていないか探しまくります。

そこでちょっと便利なサイトの紹介です。
(もしかしたらかなり以前に少しだけふれていたかも)

SnapEDA というサイトです。
利用登録は必要ですが無料で使えるサイトです。

snapeda_1
[トップ画面]

検索したい部品名を入力して「虫眼鏡アイコン」をクリック(またはリターンを押す)
snapeda_2
[検索]

検索した部品が登録されていると以下のような画面になりますので、赤枠の部分をクリックします。
なお、一番右に表示されているアイコンは
左から {データシート} {回路図用シンボル] [基板用パターン] の有無を示しています。
snapeda_3
[検索結果]

検索結果をクリックすると以下のような画面になります。
今回検索した部品はシンボル図、パターン図ともに有りとなっていたので両方表示されています。
ここでCAD用データをダウンロードできます。
シンボル図とパターン図の両方が必要な場合は [Download Symbol and Footprint] ボタンを
パターン図だけが必要な場合は [Download Footprint] ボタンを押してください。
snapeda_4
[シンボル・パターン確認]

ログインしていないと以下のログインページが表示されますので
登録している場合はログインを登録していない場合は登録作業を行ってください。
snapeda_5[ログイン画面]

対象となるCADのリストが表示されますので、自分の使っているCADを選択すると変換・タウンロードが始まります。
snapeda_6[対象CADの選択]

以上でダウンロード終了となりますので、お使いのCADにダウンロードしたライブラリを登録すれば使えるようになります。
snapeda_7[ダウンロード終了]

DesignSpark PCBで基板設計 その2 Libraryのインポート No.1

esignSpark PCBのライブラリ、標準で入っているのを全部有効化したのですが
それでも欲しいパーツが入っていない。
今回欲しかったのはピンヘッダー関連の部品。
マイコンボードのシールド基板を作るときは必ず必要となる部品です。

ライブラリエディタでパーツを作れば良いのですが、結構敷居が高いしあまりやりたくない。
ずぼらな私はなるべく楽をすることしか考えません。

同じ基板設計CADのEagleに今回必要なパーツがあったのでEagleのLiblaryをDesignSpark PCBにインポートすることにしました。
ちなみにEagleのバージョンは7.3.0 Light
DesignSpark PCBのバージョンは7.0 共に現時点での最新バージョンです。

「Eagleからパーツを持ってくるなら初めからEagle使えよ」とお叱りを受けそうですが
個人的に DesignSpark PCB に慣れてしまったので。

「DesignSpark PCBは使い物にならない」とか言われている人もいますが……。
自分はそうは思っていません。

1.Eagleのライブラリをエクスポート。

メニューの「File」「Open」「Library」からライブラリ一覧を表示して
エクスポートするライブラリを選択します。
今回は
メニュー ライブラリ

ライブラリ選択

ライブラリを選択すると、ライブラリマネージャーが表示れます。
ライブラリ パーツ一覧

次にライブラリを中間ASCIIファイルフォーマットに変換します。
ライブラリマネージャーの「ULP」アイコンをクリックします。
(ULPとは User Language Programs の略です。)
ULPアイコンをクリック

ULPファイルの選択画面となりますので、ここで DesignSpark PCB で用意されている
「LibraryToIntermediate.ulp」を選択して「開く」ボタンを押してください。
ファイルのはDesignSpark PCBがインストールされているフォルダー下の「EagleULP」の中にあります。
自分の環境では
「C:\Program Files (x86)\DesignSpark\DesignSpark PCB 7.0\EagleULP」の中に有りました。
ULPファイルの選択

次にエクスポートファイルの保存場所とファイル名を指定して「保存」ボタンを押してください。
ファイル名はディフォルトでエクスポート元のファイル名となっていますので変更せずにそのままで良いかと思います。
保存場所はどこでも構いません。
ただ、次にDesignspark PCBでインポートするときにこのファイルを使用しますので保存場所を忘れないようにしておいてください。
保存ファイル選択

次回は今回作成したファイルを DesignSpark PCBでインポートします。