「電子工作」カテゴリーアーカイブ

IchigoJamをBluetoothユニット HC-06 を使って スマートフォンから接続

IchigoJamとスマホをBluetoothで接続してみました。
Bluetoothボードは1500円位で売られている HC-06 と言うモジュールです。

Bluetoothモジュール HC-06
Bluetoothモジュール HC-06

IchigoJamのファームウェアの更新も出来ました。
ただし、 HC-06 はデフォルトが 9600bpsとなっていますので
IchigoJamのファームウェアの更新はIchigoJam側が自動でボーレートを合わせてくれているので
すんなりと成功したのですが、ターミナルとしての接続は上手くいきませんでした。
当然ですよね、IchigoJamは115200bps、HC-06は9600bpsですから。

HC-06のボーレートを 115200bps に変更したら上手くいきました。
HC-06のボーレートの変更に関してはこちらのページを参考にしてください。

HC-06は技適マークが付いていないのでもし実験される場合は
外部に電波が漏れない状態で行ってください。
IchigoJamとHC-06の接続は
IchigoJamのTXD と HC-06の RXD
IchigoJamのRXD と HC-06の TXD
IchigoJamのGND と HC-06の GND
IchigoJamのVCC と HC-06の VCC
としています。

まずはパソコンから接続テスト
以下の画像はTeraTermでのIchigoJamの起動じのメッセージと、
ディバイスドライバー一覧のキャプチャーです。
TeraTermで使っている COM8 が Bluetooth経由であるのが確認できます。
(起動後にもう一度電源を入れなおしているのメッセージが重なっています。)

IchigoJamターミナル
IchigoJamターミナル
ディバイスドライバー
ディバイスドライバー

スマートフォンでも無事に接続できました。
起動後に LED 1 命令でLEDを点灯させました。

スマートフォン

Arduino UNO シミュレーター

Arduino用のシミュレーターで面白そうなのを見つけましたので紹介します。
「UnoArdusim」と言うソフトです。
Arduino UNO専用となります。

Arduino UNO シミュレーター
Arduino UNO シミュレーター

左のプログラム部分にスケッチを読み込んで 「RUN」すると
右の Arduino UNOボードでその動きを確認できます。
Arduino IDEのサンプルプログラムの 「Blink」を読み込んで「RUN」すると
LEDが点滅します。

まだ使い込んではいませんが、今後少しずつ使い方をUPして行く予定です。
「UnoArdusim」でググっても日本語のページは出て来ません。

ダウンロードは
UnoArduSim 公式ページから出来ます。
ダウンロード画面のファイル名の部分をクリックしてもダウンロード出来ません。
右の矢印ボタンをクリックしてください。

UnoArduSim公式ページ
UnoArduSim公式ページ

ちなみに Windows用 しかありません。

Ichigojam ファームウェアの更新

Ichigojam ファームウェアの更新を行いました。

環境は
Windows7
Flash Magic
USB シリアル変換器(型名不明、カホパーツセンターで1500円程度で購入)
USBシリアル変換器

Ichigojam ファームウェアのファイルは
IchigoJam-FAN ファイル置き場 からダウンロードしてください。
2015年7月12日現在の最新バージョンは
2015/07/05 – 1.0.2 beta 2 です。

Ichigojam と USB-シリアル変換器を以下のように接続します。
TxdとRxdはクロス接続になりますので注意してください。

接続図
接続図

こんな感じで接続しています。
レイアウト

まずは「Tera Tarm」で現在のVerを確認
1.0.1 です。
treaterm_1_0

Flash Magicを起動してシリアルポートや書き込むファイルを選択
青枠で囲っている項目は以下の画像と同じにしてください。
赤枠で囲っている項目はご自身の環境に合わせます。
COM Port : シリアルポートの選択です、接続しているUSB-シリアル変換器のポートを指定します。
Baud Rate : シリアル通信のスピード(ボーレート)を指定します。
Hex File : 書き込むファームウェアのhexファイルを指定します。
ボーレートは115200までは大丈夫だと思いますが、エラーが発生するようでしたら、数値を小さくして下さい。
FlashMagic__1

設定が終わったら
Ichigojamの「リセット」と「GND」を接続している線をはずしてから
「Start」ボタンを押して下さい。
書き込みが始まります。

もし、エラーダイアログが表示されるようでしたら、
Flash Magicの設定と接続を確認して下さい。

正常に書き込みが行われているときは
Flash Magicの下部が以下の画像のような表示になります。
FlashMagic__2

書き込みが終了すると
ステータス表示が Finushed になります。
FlashMagic__3

ファームウェアーがアップデートされているかを「Tera Tarm」で確認します。
Versionが1.0.2b2 になっています。
treaterm_1_1

中華製Pro miniへのブートローダー書込み 続き

10日ほど前に挑戦して途中で挫折しかけていたいた
中華製Pro Miniへのブートローダーの書込みの続編です。

前回Program Writer に USBASPを使って
Arduino IDEからブートローダーの書込みを試みていましたが
結論としてこの組み合わせではうまくいきませんでした。(力量不足?)

そこで今回はライターに AVRISP mk2 、書込み用のソフトウェアーに
Atmel Studio 6.2を使いました。

接続は次の写真の様にしました。
AVRISP mk2は対象チップに電源を供給しないと言うことをすっかり忘れていて
ちょっとハマりました。使うのが3年ぶり位なので。

avrmk2

promini_2

promini_1

ちなみに書込むブートローダーのプログラム(HEX)は
Arduino IDEをインストールしたときに展開されているファイルを使いました。
標準でインストールしている場合のパスは
C:\Program Files (x86)\Arduino\hardware\arduino\avr\bootloaders\atmega
この中の
ATmegaBOOT_168_atmega328_pro_8MHz.hex です。

今回はコンパイルされたHEXファイルを書込むだけなので
Atmel Studioを起動して
メニューの 「Tools」→ 「Device Programing」をクリックして
Device Programing画面を表示させます。

Atmel_studio_0

左メニューの「Interface settings」をクリックしてください。
まず
Tool : AVRISP mkⅡ
Device : ATmega328P
ISP : ISP(ここは固定です)
を選択してください。

次に ISP Clockの設定ですがデータは変更せずに 「Set」ボタンを押してください。

Atmel_studio_1

次に「Interface settings」をクリックしてください。
以下の画面が表示されます。
このページでは何の操作も必要有りません。

Atmel_studio_2

次に「Device information」をクリックしてください。
次のような表示に替わりますので
「Read」ボタンを押してください。

Atmel_studio_3

「Read」ボタンを押したら次の画面のように
ターゲットデバイスの情報が表示されます。
この画面でも操作は必要ありません。

Atmel_studio_4

次に「Oscillator Calibration」をクリックしてください。
ここも何もせずに次に進みます。

Atmel_studio_5

次にメニューを一つ飛ばして「Fuses」をクリックしてください。
Fuse Register の設定画面となります。
自分の場合は変更無しでOKでしたが必要な場合は設定値を変更して
「Program」ボタンを押してください。

Atmel_studio_6-2

次に「Lock bits」をクリックしてください。
ここもFusesと同じく必要に応じて変更してください。

Atmel_studio_7

次に「Production file」をクリックしてください。
ここも何も変更していません。

Atmel_studio_8

次からが実際のプログラム書込みとなります。
先ほど飛ばした「Memories」をクリックしてください。

書込むHEXファイルを選択して
その下の2個チェックボックスにチェックを入れて
「Program」ボタンを押してください。
Erase → Programming → Verify が実行されます。

Atmel_studio_9

書込みが正常に終了すると以下の画面の様に
「OK}が表示されます。

Atmel_studio_9-2

以上で 中華製Pro miniへのブートローダー書込み が完了となります。

この後、Arduino IDE からのプログラムプログラムの書込みを確認しました。
以下の様に書込みが成功しました。

今回自分が遭遇した中華製Pro mini、
多分日本でも出回っていると思います。

もし、以下の写真のような Pro mini でプログラムの書込みが出来ない場合は
今回のPro mini と同じかと思われますので
ブートローダーの書換えを行ってみてください。
以下の写真が今回手古摺った中華製 Pro mini です。
純正品やSparkfun製と比べると赤枠で囲んだ部分のピン配置が違っています。

Board

ちなみに 前回書込み器として使っていた
USBASPをAtmel Studioで使えるようにする記事を見つけたので
次回試してみます。
(英語ページなので・・・)

質問用フォーラム設置

博多電子工作室の質問コーナーを設置しました。

バタバタと設置しましたので不具合等あると思いますがご勘弁ください。
特に日本語化においてそれが顕著に出ていますが、
まだフリーで配布されているファイルをそのまま置いている状態なので。

メインは電子工作や3Dプリンターに関しての質問をと思っていますが
別に枠に囚われなくても良いので
こんな「フォーラム」を作ってくださいとか遠慮なく言ってください。

初心者が気軽に質問出来る場を目指しているので
「こんなこともわからないのか」とか
「それくらい自分で調べろ」 の類の回答はお控えください。
また、誹謗中傷、公序良徳に反する書込み等、
管理人が不適切と判断した書込みは連絡無しに削除いたします。
ご了承ください。

それから、管理人がわかる範囲の質問であれば回答しますが
回答出来る方は遠慮なく回答してください。
ずいぶん助かりますので。

博多電子工作室の質問コーナー

トップのメニューにもリンクを貼っています。

中華製Pro miniへのブートローダー書込み

先日のプログラムの書き込みが出来なかったPro Miniへのブートローダーの書込みを行いました。
でもこれがまた色々と大変で....

今回書込み器としてUSBASPを使用しました。
Pro mini とは次の写真のように接続しています。
0

Pro miniのPIN配置図
1

USBASPのPIN配置図
2

ブートローダーの書込みはArduino IDEから行います。
Arduino IDE 以下のように設定します。

書込み装置の設定
3
ボードの設定
4
プロセッサの設定
5

ツールメニューから 「ブートローダーを書込む」を選択して書込み開始
6

なんかProminiのLEDの点滅が早くなって書き込んでいる雰囲気。
しかし残念ながら結果エラー発生で書き込めず。
7

エラーの内容は
avrdude: warning: cannot set sck period. please check for usbasp firmware update.
usbaspのファームウェアをアップデートしなさいとの事。

USBASPのアップデートに関して調べてみると
単体でのアップデートは出来なくて、別の「外部のISP プログラマー」が必要とのこと。
つまりプログラマーをアップデートするのに別のプログラマーを用意する必要有り。
「なんじゃそりゃ」という感じですが、仕方なので色々と調べてみると
もう一台USBASPがあれば良いとの情報を発見。
幸いにも手元には2台のUSBASPが有る。

本日はここまで。

中華製Pro miniが動かない。

Arduino Pro mini 互換品を中華サイトから購入して、
Arduino IDE からプログラムを書こうと試みたがエラーとなって書けない。

原因も何も分からないので
マルツパーツ博多呉服町店から
SparkFun製のPro miniを購入して同じように書き込みしたら
問題なく書き込めた。
上が正常に書き込み出来たときで、下がエラーの時。
OK

NG

ちなみに中華基板はずっとLチカしっぱなし。
DTEをオンにしてもLEDが点滅続けていた。
もしかしてブートローダーが入っていない?

3.3V 8Mhzも怪しくなってきた。
SparkFun製は裏面にマークが入っているが中華基板には無し。

基板の表面
1

基板の裏面
2

ちなみにこんな感じで書き込
3

次はブートローダーを書き込んでみようかと思っています。

初心者向け電子工作教室を開催したいのですが

電子工作初心者向けのセミナーを開きたいのですが
参加したい人いらっしゃいますか?
まだ何も決めていませんが
開催場所は「ヨカラボ天神 Fabスペース」で考えています。

5人程度の参加者が集まれば開催できると思います。

電子部品の説明から、はんだ付けのやり方、
それと、電子工作をやる上で絶対必要となる
テスタのキットでの製作を考えています。
まだ漠然としすぎていますが、福岡での電子工作の裾野を広げれればと思っています。

電子工作に興味をお持ちの方は
「ヨカラボ天神」まで遊びに来ませんか。
ほぼ毎日いますので。
ちなみに、現在共同でデルタ型の3Dプリンターを組み立てていますよ。

ちなみに製作しようと思っているテスタは
テスター_3

テスター_1

テスター_2

スペック

DT-830Bレンジ分解能精度備考
DC電圧200mV100uV+/-0.5% rdg +/-2 digitsMAX.input:
1000 V
2000mV1mV
20V10mV
200V100mV
1000V1V+/-0.8% rdg +/-2 digits
AC電圧200V100mV+/-0.2% rdg +//-10 digitsMAX.input:
750 V
750V1V
DC電流200uA100nA+/-1% rdg +/-2 digitsOverload protection:
0.2A fuse (10A no fuse)
2000uA1uA
20mA10uA
200mA100uA+/-2% rdg +/-2 digits
10A10mA+/-2% rdg +/- digits
抵抗200Ω100mΩ+/-0.8% rdg +/-2 digitsOpen circuit:
voltage approx. 2.8V
2000Ω
20kΩ10Ω
200kΩ100Ω
2000kΩ100Ω+/-1% rdg +/-2 digits
その他トランジスタhFEテスト、ダイオードテスト