技適取得済格安WiFiモジュールESP8266とBlynkの組み合わせで簡単IoT

久しぶりにBlynkをいじってみました。
今回は巷で大モテの ESP8266 をターゲットボードとして使いました。

前回Blynkの記事を書いたときは対応しているボードが少なかったのですが現在はずいぶん増えています。

まず、スマホのアプリ作成ですが、
これは単にプロジェクトの作成時にターゲットボードに
「ESP8266」を選択するだけです。
Blynk_esp8266_1

今回は1個のSWと1個のLEDを接続しているだけなので操作画面は
以下のようにいたってシンプルです。
Blynk_esp8266_2

LEDとスライダーの設定は以下のようになっています。
Blynk_esp8266_3

Blynk_esp8266_4

次にArduino IDEでESP8266のスケッチを作成してターゲットボードに書き込みます。
スケッチはBlynkのサンプルに含まれている
「ESP8266_Standalone」を使います。
(BlynkのライブラリーをArduino IDEに取り込んでおく必要があります。)
Blynk_esp8266_5

ssid、password、authはご自身の環境に合わせてください。

GPIO16に接続したSWの入力でスマホのLED表示を変化させているで
GPIOの入力をBlynkのバーチャル入力へ変換する処理を入れています。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください