LoRaWAN 対応 ARDUINO MKR WAN 1300 を使ってみた 環境構築編

LoRaWANに対応した ARDUINO MKR WAN 1300 を使ってみました。

ARDUINO MKR WAN 1300 は Microcontrollerに SAMD21 Cortex-M0+ 32bit low power ARM MCU、
LoRaモジュールとしてMurata CMWX1ZZABZを搭載したLoRaWAN対応ボードです。

MKR WAN 1300のTECH SPECSが
Carrier frequency : 433/868/915 MHz
Working region : EU/US
となっているために日本向けではないように思われますが
使われているLoRaモジュールのCMWX1ZZABZは元々日本向けの923Mhz帯にも対応していて
モジュール自体が技適を取っているので日本でも使えるはずです。
(CMWX1ZZABZの技適に関してはLoRaWANの勉強会の時に講師をされたMurataの方にモジュール自体で技適を通しているので、このモジュールを使っているボードは日本で使っても大丈夫とお聞きしました。アンテナに関しては考えられるたくさんのパターンで申請しているらしいです。)

プログラムの開発はArduino IDEが使えます。

Arduino IDEのインストールに関しては色々な所で解説されているのでここでは割愛します。

MKR WAN 1300を Arduino IDE で使えるように設定します。

ツール ⇒ ボード ⇒ ボードマネージャー の順にクリックします

ボードマネージャーが表示されたら、タイプで Arduino を選択します。
下の方にスクロールして 「Arduino SAMD Boards (32-bits ARM Cortex-M0+) by Arduino」を探してください。
見つかったら、その枠内をクリックすると [インストール] ボタンが表示されるので クリックします

これで Arduino IDE で ARDUINO MKR WAN 1300 の開発が出来るようになっているはずです。
ツール ⇒ ボード でボードリストに 「Arduino MKR WAN 1300」が追加されていれば設定完了です。

ここから先は Arduino MKR WAN 1300ボード をパソコンのUSBポートに接続しておいてください。

上の画面で 「Arduino MKR WAN 1300」を選択して
ツール ⇒ シリアルポート で (Arduino MKR WAN 1300) のポートを選択します

Arduino IDE のサンプルプログラムとして入っている Blink を走らせてみましょう

ファイル ⇒ スケッチ例 ⇒ 01. Basics ⇒ Blink の順にクリックします

最初の delay(1000) を delay(300) に書き直してください
これは Arduino MKR WAN 1300 に最初から入っている Blink と区別するためです
ここを書き換えることにより、点灯、消灯時間が同じだったのが 点灯時間の方が短くなります
変更したら ➡ のボタンをクリックして ボードにプログラムを書き込んでください
(書き込む前に自動でコンパイルされます)

「ボードへの書き込みが完了しました」と表示されたらコンパイル書込み共に成功しています

以上で Arduino IDE で Arduino MKR WAN 1300 の開発が出来るようになりました。

次回は 実際に LoRaWANゲートウェイに接続するためのライブラリの追加方法と
実際にゲートウェイに接続プログラムに関して説明します。

⇒➡⇒➡⇒➡ 福岡市LoRaWANへの接続


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください